先生の一言は重い(夏講2日目)

学校の国語の宿題 2019年夏講

学校の宿題をしながら

昨日の午前中は小6女子が学校の宿題をするために来ていました。
算数は苦戦していたので、一緒にお手伝い。
そのあとの国語は得意な範囲みたいでサクサクと進んでいました。

先生のあの一言

ちょうど「こ・そ・あ・ど」言葉の問題をしていたときのことです。

「私、ここは得意なんです!」

スラスラと解いていきます。
私は素直にほめました。

「よくできているやん!」
「私、この範囲、みんなの前で学校の先生にほめられたんです!」

話を聞くと、小1のとき「こ・そ・あ・ど」言葉の問題を解いていたら、学校の先生が「ここの問題ができたのは2人だけです!」とほめてくださったそうで、その1人が彼女だったわけです。

そこから「こ・そ・あ・ど」言葉が得意になったそうです。

学校の国語の宿題

先生の一言は重い

この話をしているとき、私も中学生のときのできごとを思い出しました。

それは定期テストの返却の際のこと。
国語の時間で、問題のやり直しをしていました。どんな問題かはもう忘れましたが、そのときの担当の先生(顔も忘れましたが)がみんなの前でこう言われました。

「この問題、合ってたのは濱元君だけだったかな?」

そら嬉しいですよ。
あれから20年以上は経っていますが、そのときの光景は完全に今でも覚えています。自信があって解いたわけでもなく(むしろ適当?)、それなのにほめてくださったら。

家に帰って、すぐに母に伝えた記憶も残っています。

こう考えると我々、子供に指導する人間の一言は何と重いものか。

フローライトゼミナールはどんな塾?
チャンネル登録をお願いします!
LINE公式アカウント
塾の様子や受験情報など
進学塾フローライトゼミナールBLOG
合格実績、口コミはこちらです
ジュクサガス
友達がいない環境で勉強だ!
jt1バナー
進学塾フローライトゼミナールは小1~高2対象の集団型個別学習塾です

当塾は枚方市禁野本町にあり自学自習ができる子を育成する個別学習塾です。

ご質問などはお気軽にお問い合わせください。
塾長の濱元が「親切・丁寧・誠実」に対応させていただきます。

[住所]
573-1197
枚方市禁野本町1-8-15 清水ビル2F
[TEL&FAX]
072-894-8507
[mail]
mail @ fr-sn.com

2019年夏講
ひろゆき塾長をフォローする
進学塾フローライトゼミナール
タイトルとURLをコピーしました