今年の漢字から連想すること

昨日12日、日本漢字能力検定協会から「2018年 今年の漢字」が発表されました。

 

今年の漢字は「災」 清水寺で漢検が発表(外部リンク、Yahoo!Japanの京都新聞の記事)

 

そう、今年の漢字は「」。

 

進学塾フローライトゼミナールがある枚方市では大きないが2つありました。

1つは6月18日の「大阪北部地震」。

そして約2か月後の「平成30年台風第21号」。

どちらも枚方市に大きな傷跡を残しました。

 

特に大阪北部地震は我が家も大きな被害を受けました。

発生時の7時58分ごろ、私はまだ布団の中にいました。

このとき、誰かにLINEを送っていました(相手は失念)。

最初は小さな揺れでしたが、そのうち大きく揺れ始め、天井が大きく波打ちました。

阪神淡路大震災のとき、私は中学1年生。

ちょうど多感(自分で言うな)な年ごろに起きたこの地震の影響で、いまでも地震がとても怖いのです。

36歳になった現在でも、少しでも揺れると身構えてしまいます。

今回の地震もとても怖かったのを今でも覚えています。

その後も余震が続き、落ち着かない時間を過ごしました・・・。

 

月並みな言い方ですが、来年は大きな事件・事故がないことを祈っています。

地震でいろいろなものが揺れる

SNSの共有にお使いください!

Posted by fr-sn.com